新着情報

告示改正 断熱性に配慮した防火窓の仕様


2019.05.07

従来、告示において定める防火設備に該当する窓としては、「鉄及び網入りガラスで造られたもの」のみが規定されている。
住宅等の断熱性能の向上を図る上で、木製又は樹脂製枠の窓を使用するニーズが高まっていること等を踏まえ、防火設備として必要な性能を有することが確認された仕様について、一般的な基準として定める告示を改正。
これにより告示に定めた仕様については、個別に大臣認定を受けることなく、使用することができるようになる。
平成31年3月29日公布・施行。


詳細リンク:http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000779.html

設計に緑と太陽を!